電話マーク

0120-489-100 電話受付:10時〜23時(土日祝も対応)

男性・メンズの下眼瞼下制法・グラマラスライン形成(たれ目術)

症例写真

PICK UP

下眼瞼下制法(たれ目術)の症例写真ビフォーアフター

担当医:芝 容平 医師

目尻のカーブで穏やかな印象に

下眼瞼下制法(たれ目術)の施術から1ヶ月の症例写真です。全切開二重術・目頭切開・目尻切開を併用しています。施術前は印象の弱い目元でしたが、自然な二重と目尻のカーブで男性らしさもある穏やかな目元になりました。

下眼瞼下制法(たれ目術)の症例写真ビフォーアフター2

担当医:湘南美容クリニック 医師

目の開きがよく明るい目元に

下眼瞼下制法(たれ目術)の施術から3ヶ月の症例写真です。目尻切開を併用しています。施術前は目の開きが悪く、少し眠そうな印象です。下まぶたのカーブを下げ、白目が多くみえることで明るい印象の目元になりました。

下眼瞼下制法(たれ目術)の症例写真ビフォーアフター3

担当医:荒井香織 医師

つり目解消で優しい目元に

下眼瞼下制法(たれ目術)の施術から1ヶ月の症例写真です。目尻切開を併用しています。つり目気味だった目尻がしっかり下がって、自然で優しい目元に変わりました

男性・メンズの下眼瞼下制法
グラマラスライン形成(たれ目術)は
このような方におすすめ

RECOMMEND

  • #つり目で
    不機嫌そうにみえる
  • #目の開きを
    大きくしたい
  • #優しい印象の
    目元になりたい
  • #つり目の一重が
    コンプレックス
  • #冷たい・怖そうと
    勘違いされる

下眼瞼下制法・グラマラスライン形成
(たれ目術)とは

WHAT

下眼瞼下制法(かがんけんかせいほう)とは、下まぶたの中央から目尻のカーブを下げることで、たれ目っぽい印象にする手術です。 「グラマラスライン形成」という名でも注目を浴びています。

つり目解消や縦横の開きをよくして目を大きくみせ、温厚で誠実そうな印象の目元を演出できます。施術方法は大きく3つあります。そのうちの切開法は、糸のみの方法と比べ後戻りが圧倒的に少ない手法です。つり目の具合や下まぶたの下げ幅などによって、適切な手法は異なります。

下眼瞼下制法・グラマラスライン形成
(たれ目術)とは

皮膚切開法

皮膚切開法

下まぶた切開して、余分な皮膚を切除する手法です。下まぶたをしっかり下げてたれ目を作ることができ、最も効果が高いといえます。ただし、切開した部分は縫合し、抜糸まで1週間前後は糸が付いた状態になり、ダウンタイムは長めです。

結膜切開法

結膜切開法

結膜切開法は、下まぶたの結膜(赤目の部分)を切開する手法です。抜糸が不要で、傷口がみえないメリットがありますが、下げすぎると逆さまつげになる可能性があり、下げ幅は控えめになります。逆さまつげは、まつげが内側に反ってしまう症状のことです。

糸によるタッキング法

糸によるタッキング法

下まぶたの結膜側から糸をCPFと瞼板(けんばん)に通して結び付ける、糸を使った手法です。メスを使わない手法で、傷跡が残らず、ダウンタイムも少なく手軽にできるのがメリットです。ただし、後戻りする可能性もあります。

糸のオプション

オプションメニューとして、近年新たな心臓血管外科用の糸として注目される「アスフレックス」という医療用糸を使用することも可能です。 「アスフレックス」は、生体内での劣化がほとんど無いとされるため、より強固に形を保つことができます。極細糸で、結び目が小さくなるため、糸が目立たず、自然なデザインにすることが可能です。

※下眼瞼下制法(たれ目術)については、「糸によるタッキング法」のみオプション追加可能です。

糸のオプション

当院の
下眼瞼下制法・グラマラスライン形成
(たれ目術)が選ばれる理由

REASON

  • 男性らしさを残しながら穏やかな印象にデザイン

    REASON01

    男性らしさを残しながら
    穏やかな印象にデザイン

    たれ目は、下げ幅や下げる位置を変えることで印象が変わります。男性に合った穏やかな目元を演出するため、十分なカウンセリングの時間を設け、お一人おひとりのお悩みを伺っています。お顔のバランスを考えてデザインしてから施術をおこないます。

  • 腫れや傷跡が残りにくいオプションメニューを用意

    REASON02

    腫れや傷跡が残りにくい
    オプションメニューを用意

    普段仕事やプライベートで忙しい方は、施術後の傷跡やダウンタイムが気になるところです。当院では、傷跡が残らないようにするための糸のオプションや、ダウンタイムをなるべく抑えるオプションをご用意しています。周囲にバレたくない、早く仕事に復帰したいという方のために工夫しています。

  • 実績ある男性医師が全国に多数在籍

    REASON03

    実績ある男性医師が
    全国に多数在籍

    湘南美容クリニックは、女性だけのクリニックではありません。目元にお悩みを抱える多くの男性にご来院いただき、施術の症例も豊富にあります。さまざまな科目の専門医・学会会員などの実績豊富な男性医師が全国に在籍しているので安心です。カウンセリングは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

ドクター限定!
MD式オプション

OPTION

術後の内出血や腫れなどダウンタイムを極力減らしたい方へ
確かな技術を身に着けた経験豊富なドクター限定オプション
ミニマムダウンタイム切開法という名の通り、
術式や道具などすべてにこだわり抜くことでダウンタイムを極限まで短くします。
仕上がりの美しさにも定評があります。

内出血を極限まで抑える工夫 ー RF(電波)メス
Electrosurgery

一般的な電気メスは400kHz前後の周波数帯を用いるElectrosurgeryです。一方、4.0MHzの高周波を採用しているRFメスであるサージトロンはRadiosurgeryの領域となり、電波的な性質を強く持つことから電波メスとも呼ばれます。
この高い周波数により組織細胞中の水分子へ高密度に作用することで、侵襲を抑えた切開・凝固を可能にします。

4.0MHzの高周波ラジオ波により、組織細胞中の水分子への密度、集中性が高まります。そのため過剰な熱変性が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。

皮膚切開による組織比較
豚皮切開時の比較

一般に、細胞のタンパク質は60~100℃で組織凝固が発生し、90~110度で蒸散(切開)が起こると言われています。サージトロンは4.0MHzの高周波により、より少ない出力で狭い範囲で熱を集中させることができ、短時間の温度上昇を生み出す事により、炭化組織を少なく抑えることができます。

内出血・痛みを抑える針や糸へのこだわり

局所麻酔時に
マイクロカニューレを使用

局所麻酔時にマイクロカニューレを使用

針先が丸い針を使用し、内出血を抑えます。通常の針で麻酔をすると、麻酔の時点で内出血が起こることがあります。ここも抑えることで、最小限の内出血にこだわっています。

縫合には透明な糸を使用

縫合には透明な糸を使用

通常の黒糸ではなく透明な糸を使用するので、抜糸前でも直後から糸が目立ちません。

男性・メンズ
下眼瞼下制法・グラマラスライン形成
(たれ目術)の料金案内

PRICE

下眼瞼下制法(皮膚切開法)の価格
両目
354,440(税込)
下眼瞼下制法(結膜切開法)の価格
両目
252,590(税込)
下眼瞼下制法(糸によるタッキング法)の価格
両目
77,130(税込)
オプションの価格
MD式10
+100,000(税込)
糸のオプション:アスフレックス
+5,000(税込)
※糸のオプションは、糸によるタッキング法にのみ適応されます。

下眼瞼下制法・グラマラスライン形成
(たれ目術)の施術までの流れ

FLOW

  • Step1

    カウンセリング予約

    電話またはWebから、まずはカウンセリング予約をしていただきます。カウンセリングは無料です。

    カウンセリング予約
  • Step2

    医師とカウンセリング

    目元のお悩みをカウンセリングで伺います。バランスなども確認しながらお一人おひとりに合った目元のデザインをご提案します。不明点もお気軽におたずねください。

    医師とカウンセリング
  • Step3

    麻酔と施術

    デザインと局所麻酔をしたあとに、施術をおこないます。切開法の場合は約1時間、タッキング法の場合は、約30分かかります。施術後はご帰宅いただけます。

    麻酔と施術
  • Step4

    抜糸と通院

    施術後の通院は、1〜2回程度あります。抜糸は5〜7日後におこないます。糸によるタッキング法の場合は抜糸・通院共にありません。

    抜糸と通院

下眼瞼下制法・グラマラスライン形成
(たれ目術)の詳細情報

ABOUT

下眼瞼下制
(結膜切開法・皮膚切開法)
下眼瞼下制
(糸によるタッキング法)
施術時間 約1時間(結膜切開法・皮膚切開法とも) 約30分
シャワー
・入浴
シャワーは翌日、入浴は1週間後から可能です。 シャワーは翌日、入浴は1週間後から可能です。
洗顔 目元以外の洗顔できます。24時間後に目元も可能です。 当日から可能です。
コンタクト 1週間後に使用可能です。 48時間後に使用可能です。
麻酔 局所麻酔を使用します。 局所麻酔を使用します。
ダウンタイム 腫れや白目のむくみなどが約1週間ほどあります。 腫れや内出血が、約2〜3日間あります。
通院回数・抜糸 1〜2回の通院があります。抜糸は5〜7日目におこないます。結膜切開法の抜糸はありません。 通院・抜糸ともにありません。
痛み 麻酔を使用するため、施術の中の痛みはほとんどありません。 麻酔を使用するため、施術の中の痛みはほとんどありません。
傷跡 結膜のみ切開法:なし
皮膚切開法:睫毛の生え際
傷跡は残りません。
効果持続時間 効果は半永久的です。 効果は1〜2年ほど続きます。

よくある質問

Q&A

お客様から頂くよくある質問についてご紹介します

  • ダウンタイムはどのくらいですか?
    糸によるタッキング法は、3日間の腫れと内出血があり、ダウンタイムは一番少なくて済みます。結膜切開法は、白目のむくみと内出血が1週間程度です。皮膚切開法は、白目むくみと内出血に加え、抜糸が5日後に必要です。
  • たれ目術で最も効果が高い方法はどれですか?
    最も効果が高いのは、皮膚切開法です。糸によるタッキング法は、ダウンタイムは短いですが、効果は1~2年ほどにとどまります。
  • たれ目術の結膜切開法を検討しています。切らない施術に比べて腫れは強くでますか?
    通常腫れは同じくらいですが、場合によっては白目の腫れが強くでることがあります。
  • たれ目術と目尻切開の違いは何ですか?
    たれ目術は、下まぶたの中央から目尻のカーブを下げてたれ目を作る手術です。目尻切開は、目尻と数ミリ切開して切れ長な目元にしたり、目を大きくみせたりする手術です。場合によっては併用するとよりたれ目術の効果を高められます。

ドクターコメント

COMMENT

村松 英俊 医師

新宿本院主任医長 兼
技術指導医

村松 英俊 医師

下眼瞼下制(たれ目形成)術は下まぶたを下に引っ張る靭帯組織を短縮することによって下まぶたの中央から外側を下にさげることでツリ目の印象を改善する手術です。糸のみで行う簡便な方法、皮膚は切開せず結膜からの処理を行う方法、皮膚の切除も行う方法に分かれます。より効果を高めるために目尻切開を併用することもしばしばあります。

どのような方法がお悩みの解消につながるのかカウンセリングを通してしっかりとご提案させていただきます。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

監修医師

DOCTOR

横谷 仁彦 医師

大阪梅田院 外科皮膚科統括医師

横谷 仁彦 医師

保有資格
美容外科専門医(JSAS)/日本外科学会専門医/日本外科学会 正会員/日本美容外科学会 正会員/日本胸部外科学会 正会員
経歴
2001年大阪大学医学部医学科卒
大阪大学医学部附属病院 心臓外科、外科、救命救急科研修医
2002年日本生命済生会附属日生病院 外科
2004年大阪市立総合医療センター 心臓血管外科
2006年八尾徳洲会総合病院 心臓血管外科
2007年大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科
2008年某大手美容外科勤務 院長経験
2009年湘南美容クリニック 入職
2017年湘南美容クリニック 大阪梅田院院長就任
2020年湘南美容クリニック 大阪梅田院 外科皮膚科統括医師就任
金 児美 医師

新宿本院副院長

金 児美 医師

保有資格
日本・韓国 医師免許 取得(ダブルライセンス)/日本美容外科学会(JSAS)会員
経歴
2008年韓国Chungbuk National University 医学部 卒業
韓国Dongguk University Ilsan Hospital 勤務
2009年韓国Yonsei Severance Hospital 産婦人科 入局
2013年東京女子医科大学病院 勤務(産婦人科・形成外科・皮膚科 ・麻酔科など)
2015年湘南美容クリニック 入職
2016年6月湘南美容クリニック福島院院長就任
2018年8月湘南美容クリニック新宿本院副院長就任
2019年12月湘南美容クリニック 理念経営推進室 室長就任
村松 英俊 医師

新宿本院主任医長 兼 技術指導医

村松 英俊 医師

保有資格
美容外科専門医(JSAS)/日本形成外科学会専門医/日本美容外科学会会員/日本頭蓋顎顔面外科学会会員/日本マイクロサージャリー学会会員/日本抗加齢医学会会員/GID(性同一性障害)学会会員/日本静脈学会会員/医学博士/厚生労働省認定臨床研修指導医/新宿本院主任医長(技術指導医)/サーマクール認定医
経歴
2002年京都府立医科大学医学部卒業
京都府立医科大学附属病院外科(消化器・呼吸器・移植・乳腺・形成・麻酔)研修
2004年昭和大学病院 形成外科員外助手
2005年社会保険船橋中央病院 形成外科医員
2006年秋田赤十字病院 形成外科医員
2007年(財)脳神経疾患研究所附属総合南東北病院 形成外科医長
2008年(医)将道会総合南東北病院 形成外科科長
2011年湘南美容クリニック 入職