お問い合わせくださいフリーダイヤルWEB予約
0120-489-100
現在、目の周りの手術を行う場合、埋没法でも切開法でも肉眼手術か簡易式ルーペで手術部位を拡大した手術しか行っておりません。

私の行う顕微鏡下での手術の視界は、肉眼の6倍~10倍に拡大されるため、針先をピンポイントで扱うことが可能です。

その精度・繊細さは肉眼での手術など足元にも及びません。

ただ、顕微鏡下で手先を自在に動かせるようになるには、一定のトレーニングが必要になってくるため、この手術法は国内でも、限られた施設でしか行っていません。
1997年/
日本大学医学部卒
日本大学板橋病院眼
1999年/
銚子市立病院眼科勤務
2002年/
日本大学光ヶ丘病院眼科勤務
2003年~現在/
医療法人悠心会 苅谷眼科勤務(常勤)
(2009年~/新宿近視クリニック ゼネラルマネージャー兼任[非常勤])
苅谷 麻呂 医師 認定証
私自身も数年前に二重術を経験し、術中のどのタイミングで不安を感じるかを知ることが出来ました。

目の大きさは、上まぶたと下まぶたの“縦の開き”と目頭から目尻の“横幅”で決まります。

目の縦幅が狭い場合、単なる二重術だけで目の印象を大きくできる症例もありますし、下垂の手術まで行わなくてはけない症例もあります。

また下垂の程度によっても切らずに行える症例もあれば、眼瞼挙筋という筋肉を切開して縮めなくてはいけない症例もあり、ここの見極めは経験が物を言います。
人によって目の縦幅・横幅は異なりますが、
私苅谷は二重術および眼瞼下垂の手術で、1万症例以
上の経験を有し、患者様一人ひとりに併せたオーダー
メイド手術をご提供いたします。
※モニター写真は術前、術後の目の周りだけを公開させていただきます。顔全体の公開はいたしません。
顕微鏡下で、針を丁寧かつ繊細に扱うため、手術時間が通常の埋没法の2倍近く時間がかかってしまいますので、手術料金も若干割高となっております。

料金は若干割高になりますが、私、苅谷は最高品質の技術と結果を提供し、患者様が喜んでいただけることを約束します。

さらなる洗練へ、埋没法二重術は進化します!
0120-489-100
ページTOPへ